Nintendo SwitchのBANを防ぐためのSX OS1.6をリリース

SX-OS-v1.6-500x299.jpg
Team XecuterがNintendo Switchのバックアップゲームを起動できるハックツールであるSX OS v1.6をリリースしていました。
今回のアップデータでは、安全性と互換性両方を改善しました。
詳しくは、下記の通りです!
・32GB XCIファイルのサポート(『ドラゴンクエストヒーローズI・II』)
ご存知の通り、今まで32GBを超えるXCIファイルは動作しなかったことが判明していました。

・ステルスモード実装
ステルスモード機能は、簡単に言えば、SwitchをネットワークにつないだときにBANされてしまうのを防ぐための機能です。SX OS v1.6以降では、この機能はデフォルトで有効になります。
ステルスモード機能はメニューから無効にすることができますが、SwitchがすでにBANされているのではない限りTeam XecuterとしてはONのままでの使用を推奨しています。
ステルスモードを有効にすると、Switchシステムはスイッチの個人情報を任天堂のサーバーに送信することはできませんが、基本的なインターネット機能(ホームブリューなど)は引き続き許可されます。 ローカルWiFiプレイのようなことも可能です!
ステルスモード機能はSX OSが動作しない状態で機能しません。ノーマル状態に戻して、ハック状態でインストールしたNSPタイトルが存在する状況でネットワークにつなぐとBANされてしまうリスクが高まりますので注意が必要です。
XCIタイトルはSX OSでステルスモードで起動すれば、オリジナルファームウェアの状態で起動してオンラインにしてもBANされない模様です。これはSX OSがゲームカートリッジエミュレーションを採用しているからで、エミュレータだと変な痕跡を残さないようです。

Team Xecuterは現在SX OSとオリジナルシステムとを完全に分離する仕組みを開発中です。BANのリスクを減らすためですが、あくまでもこういうのはイタチごっこでしかないので過度な期待は禁物です。
次回のアップデータを期待しております。

SX OS1.6ダウンロード:
download SX OS 1.6

SX OS購入先:
こちらへ

SX PRO購入先:
こちらへ

この記事へのコメント